新着情報

丸亀市

白鳥が卵を温めなくなったので、孵卵器に入れています

 丸亀城内濠に生息する白鳥が、濠の東側にある土橋南でGW中に新たな巣を作り、卵を産みましたが、5/12に卵を温めなくなりました。
この白鳥は以前にも抱卵放棄が確認されており、前回(4/23)保護した卵に追加して孵卵器(ふらんき)(卵を温める機械)にいれました。

 白鳥の卵は40日程度で孵化するそうで、6月までに孵化しなければ、残念ながら無精卵(孵化しない卵)と判断して処分することとなりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止で外出自粛が続く中、少しでも明るいニュースをお届けできることを期待しています。



一覧に戻る